東京リハビリテーションセンター世田谷
採用サイト

採用説明会開催日程のご案内

すべては自分次第
新しい施設だからできる
日々の挑戦が面白い

岡本 和美

KAZUMI OKAMOTO

介護老人保健施設 介護福祉士/リーダー

STAFF INTERVIEW
スタッフインタビュー

老健の介護福祉士という仕事について

普段の仕事内容を教えてください

介護老人保健施設は、在宅での生活を継続できるようリハビリ目的で入所される施設です。
そのため私たち介護福祉士は、利用者さんが次の場所で快適な生活を送れるよう、退所後の生活を想定した支援を行っています。
ご家族の方ともコミュニケーションをとりながら、ご自宅でも快適な環境がつくれるよう支援しています。

どんな瞬間に、この仕事をやっていてよかったと思いますか?

多職種で連携して、利用者さんや家族の目標を達成したときは、とてもやりがいを感じます。一度在宅に戻った利用者さんと、ショートステイ等で再び顔を合わせる機会があり、利用者さんやご家族が笑顔で過ごせていることを知れるのは、とても嬉しく感じる瞬間です。

介護福祉士として、こだわっていることはありますか?

利用者さんの生活の場であり、主役は利用者さんです。
リーダーという立場から、自分はもちろん、チーム全体がそういった意識を忘れないよう日々やっていけたらと思っています。

職場の魅力について

この職場で特徴的だと思うことは何ですか?

若い職員が多いのですが、積極的に意見を言える、風通しのよさが特徴であり魅力ではないかと思います。

リーダーとして職場の雰囲気づくりでこだわっていることはありますか?

職員の意見を取り入れ、新しいことをやっていきたいという気持ちが大きいです。普段のコミュニケーションはもちろん、ユニットごとのミーティングや面談を通して、今後やりたいこと勉強したいことを発信できる環境づくりを心がけています。
最近では、職員からの発信で、ユニット内のミニ運動会を行ったり、ハロウィン装飾を作ったりしたことがありました。先輩職員もアドバイスしながら行いましたが、施設の雰囲気も明るくなる、いい試みだったと思っています。

自身の就活体験について

東京リハビリテーションセンター世田谷に入るまでの経緯を教えてください

この職場に来る前は、通信販売の会社で会社員をしていました。
そんな中、高齢者とのコミュニケーションに興味を持ったのがキッカケで、介護の専門学校に入学、介護福祉士に転職しました。

この施設で働くことを決意した決め手は何ですか?

説明会で、自分が就職する年にこの施設が新しくオープンすることを知りました。
やるからには新しいことに挑戦したかったこと、キャリアアップを目指したい気持ちがあったことを理由に、ここでの就職を決めました。

実際に就職してみて、職場の印象はどのように変わりましたか?

新しい施設ならではの大変さは予想以上にありましたが、1からスタートする面白さややりがいの方が大きかったです。
ルールやマニュアル作りにも関わり、いい意味で責任感が増したと感じています。

就活中の方へ

就職中の方におすすめしたい、新しい施設で働くメリットを教えてください

新しい私たちの施設では、より良い環境を作るため研修の機会も多く、自ら学ぶ意欲がある職員は、成長できるチャンスがあります。

この職場をどんな方におすすめしたいですか?

他職種の方と連携する機会が多くある職場です。
その中で、いろんな目線の意見や知識を取り入れることができるので、そういったことを楽しめる好奇心旺盛な方は、やりがいを持って働ける職場なのではないかと思います。

東京リハビリテーションセンター世田谷への入職を検討している方々へ、メッセージをお願いします!

福祉業界は、医療・福祉の知識だけでなくいろんな知識が役立つ環境です。
みなさんが学んできた知識や経験を発揮してくださるのを楽しみにしています!

他スタッフへのインタビューを見る